悠々日記〜7人家族古民家暮らし〜

脱サラした父ちゃんが山奥の古民家に移住し、5人の子育てに奮闘しながら悠々自適に暮らしている日々の生活をゆる〜く発信します。

田舎暮らしを始めて1ヶ月が経ったので振り返ってみる

山奥の古民家を改修し移住してから早1ヶ月が経ちました。

文字通り怒涛の1ヶ月だった訳ですが、GWは改修を手伝ってくれた友人や親族を呼んでBBQ三昧。庭で肉を焼き、縁側で将棋をして眠くなったら寝る。友達を呼んで眠るまで飲める家にしたいと夢みてたので、嬉しい限りです。

 

 田舎暮らしも少し落ち着いてきたので(仕事は全く落ち着かないのだが)記録も兼ねて振り返ろうと思う。

 

引越し当日まで大工さんに作業してもらっていたので、最初の内はひたすら開梱と収納。

その時の様子はこちら↓

 

 田舎に引越しました - 悠々日記〜7人家族古民家暮らし〜

 

古民家は基本的に置き家具を前提にする造りになっているので収納が少ない。主な収納は押入れだけで、あとは納屋で保管するか、必要があれば箪笥等を置く生活様式だけど、家具が増えると狭くなるので極力置きたくない訳です。

なので納屋を上手く活用したいけど、昔から置いてある荷物を処分しないと物が置けない。

 

因みに我が家には納屋が4棟と離れが1棟付いてます。

 

それで家賃2万っ‼️

この田舎クオリティ。

すいません。ただの自慢です。話が逸れました。

 

でも納屋の中には古い家具だけじゃなく、農具やドラム缶やら脱穀機やらが置いてあってそれらを整理処分しないと活用できない。

といぅ訳で近所に住む名人蛭子さんに軽トラを借りて粗大ゴミを出す事に。

たまに顔を出してくれるので、その時にお願いすると

 

「ほー、それは丁度ええわ。もうすぐ車検が切れるで処分するかどうか考えとったんじゃ!

名義変更と車検代だけ出してくれたらわしの軽トラやるわ!

 

と仰る。

「えっ⁉️マジっすか⁉️いや、でも、そんな訳にはいかないっすよ。大事な車ですし」

とか言いながらまさかの展開に思考回路が追いついてない自分に構うことなく蛭子さんは

 

「じゃぁ今度車検出してついでに名変してもらって持ってくるわ」

 

と言って去っていった。

マジかっ⁉️と衝撃を受けて妻に蛭子さんから軽トラを貰う事になった事を報告した。

当然「えっ?なんで⁉️」という期待通りのリアクションを頂いたので事の成り行きを話す。

 結果、

 

色々ヤバイね。田舎も蛭子さんも。

 

という結論に達した。蛭子さんのヤバさはこの後でも発揮されます。

翌週末に早速全ての手続きを終えて軽トラを届けてくれた蛭子さん。軽トラと言えば田舎のポルシェと呼ばれ(俺だけかもしれないが)一家に一台、様々な行事に大活躍する、田舎暮らしにはマストな憧れアイテムである。それを引越し早々に頂いてしまった。

興奮冷めやまない俺は子供達と蛭子さんを荷台に乗せて練習がてら裏山を一周する事に。

普段ミッションの車を運転する事がないから少し不安でしたが、身体は覚えてるものですね。

難なく山道も運転できて、子供達は大はしゃぎ。蛭子さんに案内して貰って見晴らしの良い場所や製材所を教えて貰った。

 

f:id:yuyunikki:20170513232821j:image

裏山から見た 言葉にならない程美しい景色。

 

自然の中で暮らしているという実感をふとした瞬間に感じる。こんな景色を見た時や(しかもいつでも見れる!)鳥の鳴き声、木々の緑、山の陰、を側に感じた時に

 

嗚呼、移住して本当に良かった

 

と心が喜んでいるのを実感する。

そして走り回る子供達の笑顔‼️たまらない。

 

 

後日、早速頂いた軽トラで金属系の粗大ゴミを持ち込み処分した。残念ながら写真を撮り忘れたけど、荷台一杯に詰め込んで約千円。

車両ごと重量を計測するシステムで殆ど降りる事なくスムーズに処分完了。ちょっと感動するレベル。

下の子供2人を同乗させていたので、施設のおばさん、おじさん達もみんなニコニコしながら手を振ってくれる。この辺りの人達は本当に優しい人が多い。それだけで嬉しくなります。

因みに可燃の粗大ゴミは分解して庭の焼却炉で燃やします。ダンボールや紙類もまとめて燃やすから楽チン〜

 

畑と田んぼを始めました

 我が家には畑と田んぼが付いているのですが、猪対策の柵や休耕状態でもあるので、落ち着いたら手を付けたいね〜と妻と話してたんですが、名人蛭子さんが現れて

 

「GWまでに種植えと田植えをせんと夏に間に合わんから今年は収穫できんくなるぞ。わしが手伝っちゃるわ。」

 

とドンドン耕していく。

友達が遊びに来ていてBBQしていても

「おー、やっとるなぁ〜」

と言いながら隣で畑を耕し始めるw

手際が良過ぎて手伝う間も無く開墾の仕方を教えて貰った。

 

「72歳の動きじゃないわwwwヤバ過ぎるwww」

 

と友人も蛭子さんクオリティに唖然。

折角開墾のコツを教えて貰ったけど、次の日仕事に行ってる間に蛭子さんと奥様が既に完成させてた。

 

f:id:yuyunikki:20170523092158j:image

これがその畑。余った建材で囲いまでしてある。もう凄すぎw

 

更に上の畑と田んぼも手を入れてくれた。

 

f:id:yuyunikki:20170523092626j:image

 

f:id:yuyunikki:20170523092809j:image

 

折角なのでGWに遊びに来てくれた友達や親族に田植え体験をして貰うことに。

 

f:id:yuyunikki:20170523093052j:image

f:id:yuyunikki:20170523093125j:image

 

 子供達は大はしゃぎで、大人も楽しんでました。天気も良くて、土に触れて自然を身近に感じる良い機会でした。最高に気持ち良すぎるっ!

名人蛭子さんのおかげで結果的に

 

引越して1ヶ月で畑と田んぼを始められました。

 

本当に有難いです。周りの人達のおかげで毎日楽しく過ごせてます。実際、

 

田舎に引越して今のところ大きなストレスを感じた事がない。

 

もっとご近所付き合いとか面倒な風習とかあるのかなぁって思ってたけど、本当に良い人ばかりで親切で優しいし、助けて貰ったり教えて貰ったりばかりです。

ありがとうございます。

 

会社までの移動は倍の1時間になったけど、東京で働いていた時は満員電車に揺られて約1時間だった訳だから、マイカー通勤の1時間が快適過ぎる。むしろ良い気分転換になってる。

1番心配していた出張も最寄り駅まで30分かかるけど、まさかの無料駐車場付で全く問題なしだし。

 

https://www.instagram.com/p/BSwtCnJjry1/

普通、線路は2列あって対岸にホームがあるけど、まさかの1列。#最寄り駅 #平戸橋駅 #田舎暮らし #自宅から車で30分 #でも全く問題ない #駅に無料の駐車スペースがある #安定の田舎クオリティ

 

何より嬉しいのが、

 

友達を呼べる様になったこと。

 

我が家は人数が多いので、どこへ行くにも、食べに行くにも大変だし周りに迷惑を掛けてしまう事が多かったけど、自分の家なら問題ない。

子供達は勝手に外へ遊びに行っても安心だし、大人はBBQしたり家の中でまったりできる。

 

ずっとこんな空間が欲しかったんだ!

 

前も戸建に住んでいたけど、狭すぎて人を呼べなかった。一応新築パナホーム3LDK(家賃14万円。東京と比べたら破格)だったんたけど、建売の物件は7人家族の我が家にはキャパが足りなかった。だから田舎の広い家に住みたい、外で子供達が遊んでも心配ない(ずっと家にいると大変な事になるw)ところに引越したいと思ってたんです。でも中々納得できる物件が見つからなかった。だから、

 

本当にこの家に巡り会えて良かった、引越しできて本当に良かったと思います。

 

7人家族の我が家が参考になるかどうかはわかりませんが、

 

田舎暮らし、最高ですよ。

 

今の時代、車があり、ネットがあり、どこでも仕事ができる時代です。勿論アマゾンも 翌日に届きます。田舎に引越したからといって必ずしも田舎で働く必要もありません。

会社勤めの方は難しいかもしれませんが、思い込みや常識に囚われなければ、より良い環境で子育てや仕事ができると思います。

因みに我が家の二軒隣の古民家、空いてますよ〜w

 

〜悠々自適に生きる〜